ホームページ制作の流れ 8. ワイヤーフレーム

パスの取れたロゴのデータ

ワイヤーフレームとは、次の本格的なデザインを作成する前の、ページのレイアウトを定めるためのものです。実際のデザインを開始する前に作成し、完成イメージをお客様と共有することを目的で作成しています。

ワイヤーフレームを作っておくことによって、実際の作業に入ってから「あの項目が足りていなかった」「作ってみたら意外に見づらくて作り直しになった」などのトラブルを防ぐことができます。本格的なデザインをする前のラフレイアウト案とお考え下さい。

作業担当 作業者
お客様 YES
コンチーゴ YES

お客様と弊社(スタジオコンチーゴ)が一緒に行う作業です。