エイチプロス 花谷様

お客様の声 株式会社エイチプロス 花谷圭太様 インタビュー

利用したサービス

1年間で問合せ数40倍HPアクセス数が97倍!今も数値が伸び続けており、今後はWEBマーケティングにより注力したいと考えています。

エイチプロス 花谷圭太様

アクセス数の推移

ホームページに手を付けてもらった直前の2021年1月から、1年間のコンサルティングを終えた直後の2022年2月までのホームページのアクセス(セッション)数の推移表です。開始直後から反響は少しづつ出ていましたが、ちょうど1年間のコンサルティングを終える頃に目に見えた成果が一気に現れました。

スタジオコンチーゴにWEBコンサルを依頼した経緯は?

WEBマーケティングを強化して新規顧客を拡大したいと考えていたためです。これまでは主に既存ユーザーによる口コミや取引先からの紹介などで顧客を獲得していましたが、一般新規顧客(個人住宅の案件)を獲得する術がありませんでした。HPはあるにはあったのですが、URLの記載がある名刺を渡したお客様に「HPも持っているきちんとした会社だな」と思ってもらえるために作っていたようなもので、特に積極的な運用はしていませんでした。そのため、当然ほとんど検索にはひっかからず、ウェブからのお問合せは年に1件あるかないか、という状態でした。

これまでは、WEBマーケティングに費用をかけて何かをやったことはなかったのですが、今後の事業展開を見据えた上で、WEBマーケティングを柱の一つにしたいと考え始めていました。また、競合他社はリスティング広告+LPという手法をとっているケースが多く、それだと上位表示のために競い合って費用を消耗するだけなので、それをやるのであれば、まずは自社HPのコンテンツをしっかり作り上げて基盤を固めることを優先すべきだと思いました。これらのアドバイスをいただき、実際に他社でも結果が出ているとのことで、WEBコンサルを依頼することにしました。

コンサルの具体的な内容を教えてください。貴社側のタスクとしてはどのようなものが発生していましたか?

今回のコンサル内容は大きく分けて2つで「HPのリニューアル」と、当社の「外壁塗装市場」の検索キーワード(「外壁塗装 ●●」等)で検索結果の上位に表示させるための「コンテンツページ作成」でした。

そのキーワードを狙う理由もイチからしっかりと教わり、数字と理論をもって、狙うべきキーワードを選定していったので、コンサル契約期間が終了したとしても、自分たちがこの先数年、どんなことに取り組むべきかを理解することができました。

狙うべきキーワードに対して、どのようにページを書いていくのか、そしてどのようにページを作っていくのかを自分のペースに合わせて指導をしてもらいました。

実際にお客様からご依頼をいただいた見積もり額で言うとコンサル費の5倍に至りました。お問合せは月平均で3件程度、年間約40件とこれまでの40倍です。WEBページのアクセス数も圧倒的に変わりました。先にお話しした通り、名刺を見た人しか見ていなかったほどのアクセスですが、1年経過後にアクセス数が97倍になりました。

費用対効果という面で見ると間違いなく成功をしていています。また、広告とは違い一過性のものではなく、半永久的に作ったページ群がWEB上で営業をしてくれると考えると、その効果は計り知れないです。

エイチプロスのイメージ

コンサル導入後、「半年で一年分のコンサル費用をペイ」しましたよね。WEBからのお問合せや売上は具体的に何件くらい増えましたか?

受注金額(売上)では、半年間でコンサル費用をペイ1年間ではコンサル費用の2倍の売上を獲得しました。さらに、1年経過した後の3ヶ月間で1年分の受注がありました!また、見積もり額で言うとコンサル費の5倍に至りました。お問合せは月平均で3件程度、年間約40件とこれまでの40倍です。WEBページのアクセス数も圧倒的に変わりました。先にお話しした通り、名刺を見た人しか見ていなかったほどのアクセスですが、1年経過後に97倍になりました。

1年後の問合せ数とアクセス数の推移

コンサルにより検索上位に表示されるコンテンツページが増えてきて、露出が増えたことにより、過去にはなかった問合せ/受注(過去にない規模の案件等)につながった事例がありましたら教えてください。

元々の目的であった一般顧客の獲得はもちろん、意外なところではアパートオーナー様からのお問合せが増えました。その多くが埼玉県外在住で、埼玉県内に所有するアパートの外壁塗装のお問合せです。それから、建設会社との業務提携の依頼もいただくようになりました。これも露出が増えたことによる効果だと考えます。

それから、最初にお話しした通り、当社はこれまで主に口コミや紹介でお客様を獲得してきました。今回ウェブから獲得した新規のお客様(個人住宅)が、その近所の方をご紹介してくださったケースがありました。つまり1人のお客様を獲得することが、実質2人のお客様を獲得することになる、ということです。これまでの集客(口コミ・紹介)+これからの集客(WEBマーケティング)があわさった好事例です。

今回コンサルを依頼して大変だったことは何でしたか?

幾度となくお客様に口頭で説明してきましたので自社サービスの知識量にはもちろん自信がありましたが、それを文章にするとなると、それはそれでかなり大変でした。担当していただいた、スタジオコンチーゴの森田さんから日本語の誤りや代案など厳しいフィードバックをもらう度に「日本語って難しい!」と思いました(笑)。日常業務と並行しての作業だったり、締切も細かく設定されていたりしたので、精神的にも大変でした。飴と鞭でメンタル的なフォローもしてもらえたので何とか乗り切りました(笑)。

結果として埼玉県、東京都の各エリア系(市区町村)のページや外壁塗装に使える助成金情報ページの原稿など、あわせて100ページ分以上執筆した今は、ライティングの深みが少しわかってきた気がします。なにより、その頑張りが結果(売上)となって戻ってきているので、やってよかったと感じています。

コンサルを依頼して大変だったこと

このあともコンサルを継続することにした決め手を教えてください。このあとはどんな市場に広げていきたいと考えていますか。

当初の予想以上の結果が出たことはもちろん、やはりWEBマーケティングの将来性を感じているからです。今後も世の中のサービスの多くがウェブ中心に回るでしょうし、仮に当社が危機的状況に陥ったとしても一度作ったWEBコンテンツはその間も営業し続けてくれるので、有事の安心材料にもなります。今後の展開としては、月のお問合せを5~10件にするなど、まずは今の商圏のお客様を更に増やしていきたいと考えています。

ページコンテンツはすぐに上位に上がるとは限らず、WEBマーケティングは結果が出るまである程度時間がかかる傾向があります。つまりお客様には少し我慢していただく期間が必要なこともあります。そのあたりはいかがでしたでしょうか?これから利用する方に向けて心構え・アドバイス・メッセージがあればお願いいたします。

正直なところ焦りや我慢はありませんでした。というのも、これまではウェブ上からのお問合せはほぼ皆無だったので、もし今回2件お問合せがあれば200%アップという状況でした。また経験上、お客様とお話しさえできれば発注していただける(受注できる)自信がありました。つまり、あとは問合せが増えさえすれば、という状態だったので、コツコツ原稿を書きながらお問合せいただくのを待つのみでした。

また、私たちのように半年でコンサル費用をペイするケースはあまり多くないようです。なので、コンサルの契約期間もミニマム1年で設定されています。実は当社も1年経過した時点で、一旦コンサルをストップしました。次の1年継続するかどうか、1年間の数値集計や打合せ、社内検討などで3ヶ月ほど新規ページの追加等何もしていませんでした。にもかかわらず、WEBページのアクセス数はコンサルの最終月(12カ月目)の3倍(コンサル開始前比97倍!)もアップし、なんとその3カ月間でコンサル期間中の1年間の売上を超える受注があったんです!これには本当に驚きました。やはり後からじわじわと効果が出るものだと実感しました。なのでこれから利用する皆さん、検討されている皆さんには「まずは1年やってみて」と自信を持っておすすめできますね。

ツールを使って見せてもらった外壁塗装市場での順位

  • コンサル開始後半年で外壁塗装市場256位まで上昇コンサル開始後半年で外壁塗装市場256位まで上昇
  • スタート当初は圏外だったが左に行くにつれて徐々に順位が上がっている様子スタート当初は圏外だったが左に行くにつれて徐々に順位が上がっている様子
  • コンサル開始後1年で外壁塗装市場4位まで上昇コンサル開始後1年で外壁塗装市場4位まで上昇
  • コンサル半年の時点で上位を取り始めたキーワード群コンサル半年の時点で上位を取り始めたキーワード群
外壁塗装の様子
外壁塗装 株式会社エイチプロス
お客様名
株式会社エイチプロス様
コンサル期間
1年間+2022年継続中
制作物
WEBコンサル、HPリニューアル
URL
株式会社エイチプロス