ホームページ素材について

ホームページ制作の流れ ホームページ素材について

プロジェクト開始前に集めていただきたい素材の代表例と、具体例を紹介します。

ロゴデータ

パスの取れたロゴのデータ

Adobe社のイラストレーターというソフトで、パスの取れているロゴデータ(CS6以下)を用意してください。拡張子は一般的に、.aiです。まれに、.eps / .pdfの場合もあります。パスの取れていないデータですと、綺麗にHP上でロゴを表示することができません。また、HP内のデザインでロゴをページ内のモチーフなどに使うケースもあります。データがない場合は、会社案内や名刺など、印刷物をいただければ別途料金をいただいてトレースすることも可能です。

弊社にロゴの制作をご依頼いただいた場合は、弊社で用意いたします。


写真素材

写真素材

WEBサイトで使用可能な写真をできるだけ多く用意してください。また、画像は圧縮せずに、オリジナルサイズでの提供をお願いしております。圧縮された画像ですと、ページに表示する際に荒くなってしまったりすることがあります。

サービス紹介に使用する写真、スタッフ紹介の写真、商品写真、会社の外観写真、会社創設時の写真など、お客様が「これは使えないかな」と思った写真が、実はHP内でものすごい映えて見えることもあります。過去に会社案内制作時に使用した写真など、まとめて送ってください。


ページの原稿

ページの原稿

見積もりにて決定をした、各ページの原稿を作成していただく必要があります。御社のサービスのこと、御社のお客様のことを一番理解しているのは、御社です。是非、その思いを文章として表現してください。

以下に当サイトのページの原稿のサンプルと、お客様がライティングをする際に、コピーして使用しやすいフォーマットを用意しています。お客様のGoogleドライブに複製をしてご利用ください。

ライティングのご依頼をご希望の場合

各ページの原稿の作成をご希望の場合、別途お見積もりにて作成することも可能です。また、ビックデータを解析し、SEOに強いページのライティングをすることも可能です。ご希望の場合は別途ご相談ください。

会社案内などのデータがある場合

以前作成をしたことがある、会社案内などがある場合は、その原稿をそのまま使うことができるかもしれません。その場合は、データ、または会社案内を送ってください。ただし、文字データとしてデータをいただけない場合は、文字お越しの費用が別途発生しますのでご注意ください。(紙媒体でいただいた原稿の文字をデータにする作業が別途発生します)